2016.12.07

「腰痛持ちの9割、生活に支障」

慢性的な腰痛症患者の94.4%が日常生活に「何らかの支障がある」と回答したことが、塩野義製薬(大阪市)と日本イーライリリー(神戸市)がこのほど実施したアンケートで分かった。患者2350人を対象にインターネットを通じて調査した。それによると、具体的な支障としては「物を持ち上げる動作」(66.1%)をトップに、「立ち上がる、しゃがむなどの動作」「起床」などが続き、腰痛が日常生活の基本動作に影響を与えていることを裏付けた。趣味や、週末・休日の外出への影響については「これまで楽しめていた趣味への支障がある」が50%を超えた。「2016年12月7日神戸新聞社会欄より」

腰痛は国民病であり、また日常生活や趣味等にかなりの影響を及ぼすことがはっきりしたようなので、「もう治らない」や「こんなもの」と諦めずにきちんとした施術を受けることをオススメいたします。当院はギックリ腰・腰痛・坐骨神経痛専門院ですので、安心してご来院下さい。

ギックリ腰・坐骨神経痛・梨状筋-仙腸関節の専門院。原因を明らかにし、損傷箇所を特定してからの、的確な施術を行っています。
ギックリ腰・坐骨神経痛・梨状筋-仙腸関節の専門院。原因を明らかにし、損傷箇所を特定してからの、的確な施術を行っています。
予約・お問い合わせ 079-425-8256
夜間・時間外対応可・木・土曜診療完全対応

【診療時間】

診療日:月曜~土曜
予約受付時間:9:00~12:00・16:00~20:00
※金曜は12:00まで
休診:金曜午後・日曜・祝日

混雑状況表

混雑状況表

「3密予防」の為、予約制となっています。初診の方は「初診予約」・再診の方(一度でも来院されたことがある方)は「再診予約」から必ず予約して下さい。

治療メニュー

  • ぎっくり腰
  • 腰痛
  • 坐骨神経痛
  • 交通事故・ムチウチ・スポーツ障害時間外対応
  • 保険治療
  • 鍼灸治療
  • 知っ得情報
  • アクセス
  • お客様の声
  • 院長ブログ

079-425-8256

矢印