2017.02.07

ぎっくり腰

ぎっくり腰

本日も、ぎっくり腰の方が初診されました。
たいていは、少し捻ったり、かがんだりした時に痛めますが、普段から違和感があり急に痛みがきつくなる場合もあります。
いずれにしてもまず第一は、安静・冷却・固定をおこなって下さい。
安静と言っても、椅子や座椅子・こたつに長時間座っていたりするのは良くありません。
座っているのは、立っているよりも腰に負担がかかります。

次の図は椎間板内圧の変化を表しています。

簡単に言うと、立位を100として、どの姿勢がどれぐらい腰に負担がかかっているかという図です。

椎間板内圧
御覧の通り、横になって寝ているのは腰に負担があまりかかっていません。

もちろん、前かがみで荷物を持つとかなり腰に負担がかかることも理解できます。

そして椅子に座っているだけでも立位に比べて1.4倍も腰に負担がかかっていることがお分かりになると思います。

ですので、椅子に座って安静にしていたとおっしゃる方は多いのですが、あまり腰には良くないことがお分かりになって頂いたと思います。

基本は、次図のように横向きで膝を曲げて、ちょうどエビのように丸まっているのが良いとされています。

ファーラー姿勢
できるだけ体操で動かしたりしないよう、また、きつくマッサージでもんだりしないように注意しましょう。
次回は、冷却についてです。

ギックリ腰・坐骨神経痛・梨状筋-仙腸関節の専門院。原因を明らかにし、損傷箇所を特定してからの、的確な施術を行っています。
ギックリ腰・坐骨神経痛・梨状筋-仙腸関節の専門院。原因を明らかにし、損傷箇所を特定してからの、的確な施術を行っています。
予約・お問い合わせ 079-425-8256
夜間・時間外対応可・木・土曜診療完全対応

【診療時間】

診療日:月曜~土曜
予約受付時間:9:00~12:00・16:00~20:00
※金曜は12:00まで
休診:金曜午後・日曜・祝日

混雑状況表

混雑状況表

「3密予防」の為、予約制となっています。初診の方は「初診予約」・再診の方(一度でも来院されたことがある方)は「再診予約」から必ず予約して下さい。

治療メニュー

  • ぎっくり腰
  • 腰痛
  • 坐骨神経痛
  • 交通事故・ムチウチ・スポーツ障害時間外対応
  • 保険治療
  • 鍼灸治療
  • 知っ得情報
  • アクセス
  • お客様の声
  • 院長ブログ

079-425-8256

矢印