2017.04.04

腰痛予防②

腰痛と寝具・寝方の関係をご紹介します。

寝具はあまり柔らかすぎると腰に負担がかかります。

ですので、少し硬めで沈み込みが少ないほうが良いとされています。

 

ギックリ腰等で痛みのきつい時は、ベッドよりも畳にせんべい布団ぐらい硬めのほうが良いです。

寝る向きですが、横向きに寝る場合は膝を曲げて、ちょうどエビのように丸まっているような姿勢が良いです。

 

痛い方を上にするか、下にするかはどちらでも構いません。

あお向けに寝る時は、毛布・座布団等を利用して膝の下に入れ、少し膝を曲げて寝るようにすると楽に寝られます。

しかし人によっては、逆に腰を反らせるほうが楽になる方もおられます。

ぜひ一度お試しと、ご自分がどのパターンに当てはまるか分からない方は、ぜひ一度ご相談下さい。

加古川 たなか鍼灸接骨院

ギックリ腰・坐骨神経痛・梨状筋-仙腸関節の専門院。原因を明らかにし、損傷箇所を特定してからの、的確な施術を行っています。
ギックリ腰・坐骨神経痛・梨状筋-仙腸関節の専門院。原因を明らかにし、損傷箇所を特定してからの、的確な施術を行っています。
予約・お問い合わせ 079-425-8256
夜間・時間外対応可・木・土曜診療完全対応

【診療時間】

診療日:月曜日~土曜日
電話予約受付時間:9:00~12:00・16:00~20:00
※金曜は12:00まで
休診日:金曜午後・日曜・祝日

混雑状況表

混雑状況表

「3密予防」の為、予約制となっています。初診の方は「初診予約」・再診の方(一度でも来院されたことがある方)は「再診予約」から必ず予約して下さい。

治療メニュー

  • ぎっくり腰
  • 腰痛
  • 坐骨神経痛
  • 交通事故・ムチウチ・スポーツ障害時間外対応
  • 保険治療
  • 鍼灸治療
  • 知っ得情報
  • アクセス
  • お客様の声
  • 院長ブログ

079-425-8256

矢印