2017.09.06

誰でもできる腰痛予防②

「洗顔」

 

膝を伸ばした状態で前かがみになるとかなり腰に負担がかかります。

ギックリ腰になる姿勢の一つです。

膝を軽く曲げて、膝裏にゆとりをもたせると良いです。

膝や太ももを洗面台につけ、もたれる方法もお勧めです。

足を前後に開き、軽く膝を曲げる方法も良いでしょう。

 

「靴下の履き方」

中腰や片足立ちではなく、椅子に座って履いた方が腰に負担がかかりません。

バランス訓練のために時には、片足立ちで靴下を履くのも良いでしょう。

但し、転倒には十分に注意が必要です。

 

「歩き方」

膝を伸ばしてかかとから着地し、つま先で地面をしっかり蹴り出して歩きましょう。

腰が後ろに落ちていたり、膝がいつも曲がっていたり、

足全体を地面につけて蹴っていない歩き方はあまり良くありません。

前回の姿勢の注意事項でもご説明しましたが、歩く際もアゴが上がると良くありません。

アゴを引くことも意識しましょう。

加古川 たなか鍼灸接骨院

ギックリ腰・坐骨神経痛・梨状筋-仙腸関節の専門院。原因を明らかにし、損傷箇所を特定してからの、的確な施術を行っています。
ギックリ腰・坐骨神経痛・梨状筋-仙腸関節の専門院。原因を明らかにし、損傷箇所を特定してからの、的確な施術を行っています。
予約・お問い合わせ 079-425-8256
夜間・時間外対応可・木・土曜診療完全対応

【診療時間】

診療日:月曜~土曜
予約受付時間:9:00~12:00・16:00~20:00
※金曜は12:00まで
休診:金曜午後・日曜・祝日

混雑状況表

混雑状況表

「3密予防」の為、予約制となっています。初診の方は「初診予約」・再診の方(一度でも来院されたことがある方)は「再診予約」から必ず予約して下さい。

治療メニュー

  • ぎっくり腰
  • 腰痛
  • 坐骨神経痛
  • 交通事故・ムチウチ・スポーツ障害時間外対応
  • 保険治療
  • 鍼灸治療
  • 知っ得情報
  • アクセス
  • お客様の声
  • 院長ブログ

079-425-8256

矢印